年末の大掃除は、節約+楽チンに!便利グッズ&掃除のコツ特集!

75

1年の汚れは年内に落としましょう!お手軽カンタンな便利グッズとコツをお届け。今回ご紹介のグッズは100円で買えるもの。節約できてお部屋もキレイに!
掃除便利グッズ特集:1年の汚れは年内に落としましょう!お手軽カンタンなお掃除グッズとコツをお届け。今回ご紹介のグッズは、すべて俗にいう「100円ショップ」で買えるもの。節約できてお部屋もキレイに!【トイレ編:メラミンスポンジスティック】便器とタンクの隙間や蛇口の構えなどは埃がたまりやすいもの。細かい汚れにはスティックタイプのスポンジクリーナーがおすすめ。軽い汚れはこするだけで落ちますが、こびりついてしまった汚れは、トイレ用中性洗剤や重曹・クエン酸などを使って落とします。ない場合は、お酢1:水2~3の割合でまぜたもので代用できます。【トイレ編:メラミンスポンジ】定番だけどやっぱり便利。洗剤は必要なく水だけで洗えるのでお手軽。先の部分が交換できるので後始末もカンタン。こびりついてしまった汚れには、トイレットペーパーを敷き詰め、酸性の洗剤や塩素系の洗剤で浸し、トイレパックをしましょう。30分ほど経ってから流してこすり洗いをすると汚れが落ちます。(※酸性・塩素系の洗剤は一緒に使わない事!)【キッチン編】シンクまわりの水アカなどの汚れを落とす時は、あらかじめ重曹を含ませてある「メラミンスポンジクリーナー」を使うと便利。洗った後は、水で流し乾拭きしましょう。水アカ(水道水のカルキ成分など)で白っぽくなってしまうのを防ぐ効果があります。このスポンジは、用途に合わせてカットできるので、換気扇やガスレンジまわりなどにも使えます。【排水口ブラシ】排水溝の水アカや、ヌメヌメした汚れは触りたくないもの。「排水口ブラシ」を使えば、排水口カゴの内側にブラシがフィットするので汚れが落としやすく、目詰まりしてしまったカゴの汚れがスッキリ。手を中まで入れなくてもお掃除ができます。排水溝のまわりや、三角コーナーなどにも使えます。【バスルーム:目地ブラシ】浴室の目地洗いや、サッシの溝掃除に便利なのがこの「目地ブラシ」。溝まで直接ブラシの先が届くので、細かい汚れなどもしっかり落ちます。カビが発生してしまったらカビ取り剤を使いましょう。塩素系の漂白剤も効果的ですが、シリコンなどでできた柔らかい素材の場合、変質してしまうので要注意!【バスルーム】浴室内のお掃除には、首の部分が動くスポンジクリーナーがおすすめ。角など汚れのたまりやすい場所は念入りに掃除をして、アカなどが残らないようにしましょう。洗った後は乾拭きなどをしてよく乾燥させます。窓を開けて換気を良くすることもおすすめ。掃除の効果が長持ちして、浴室内の結露防止にも役立ちます。

関連記事