『田舎暮らしの本』が発表する2019年版「住みたい田舎」

15

雑誌販売部数トップシェアの株式会社宝島社が発行する
「2019年版 第7回 住みたい田舎ベストランキング」を発表。

住みたい田舎ベストランキングは、2013年2月号よりスタートしました。
220項目のアンケートを実施。
移住支援策、医療、子育て、自然環境、就労支援、移住者数など。
663の市町村からいただいた回答をもとに、田舎暮らしの魅力を
ランキング形式で紹介しています。

また第7回となる今回は「自然の恵み」部門を新設しました。
これは「日々の暮らしのなかで、自然の恵みを享受しやすいまち」
のランキングです。
移住先に自然の豊かさを求める多くの方のご期待に応えるものになっています。

【商品概要】
商品名:田舎暮らしの本2月号
定価 :800円(税込み)
発売日:2019年1月4日

株式会社宝島社
公式サイト:https://tkj.jp/inaka/

関連記事