3月9日のお昼前、全国で楽しめる部分日食に注目しよう!『天文ガイドオリジナル カード型日食メガネ』限定発売

15

天文ガイドオリジナル日食メガネ

誠文堂新光社は『天文ガイドオリジナル カード型日食メガネ』を発売する。
3月9日に東南アジアから太平洋上にかけて皆既日食がおこる。

日本では、午前9時過ぎから正午過ぎにかけて、全国各地で部分日食として
見ることができる。前回、国内で見られた日食は金環日食で、およそ4年ぶり。

今回の部分日食は、日本では南よりの地方ほど深く欠け、札幌で約13%、東京で約26%、
沖縄では約35%ほど太陽が欠けて見える。

この欠け具合では、太陽の強烈な光と熱は普段とほとんど変わりがなく、肉眼で直接見ることは非常に危険。
そこで、誠文堂新光社から『カード型日食メガネ』が発売される。今回の部分日食についての解説、
日食メガネを使った安全な観察方法をわかりやすく解説したパンフレット付き。
ヨーロッパの品質基準となるCE規格(E89/686)に準拠しているので、安全に日食を見ることができる。

【商品概要】
商品名:天文ガイドオリジナル日食メガネ
サイズ:タテ7.6cm×ヨコ12.7cm
価格 :500円(税抜き)/数量限定

株式会社誠文堂新光社
公式サイト:http://www.seibundo-shinkosha.net/

関連記事