4月6日は「しろの日」! 「くまモン」を起用し、本格米焼酎「しろ」と熊本の「あか」の食材の組合せを通じてキャンペーンを実施

416

くまモン×しろ

高橋酒造株式会社は、4月6日「しろの日」から、熊本県営業部長「くまモン」を起用し、
熊本の「赤」の食材との組み合わせなどを通じて「味わい力」を熊本から日本全国へ広げる
キャンペーンを開始する。

「味わい力」とは、食への興味、食材への知識、調理方法への関心、そして料理と飲み物の
組み合わせを考える事により培われる食を楽しむ力のこと。

高橋酒造が製造する「しろ」は、人吉盆地の清らかな水と良質な米のみを原料として造られた
本格米焼酎。減圧蒸留法により製造しているため、すっきりとした飲み口と、上品で芳醇な香り、
クセのないすっきりした口当たりで、どんな料理も美味しく引き立てる「食を楽しむ」ための食中酒。

熊本県は、古来より「火の国」と呼ばれ、生産量全国1位を誇るトマトやスイカ、あか牛など、
豊かな自然の恵みがぎっしりとつまった「あか」の特産品を数多く生産することでも有名。
鮮やかな色で食卓を彩る熊本の「あか」の食材は、料理そのものをおいしく演出する事はもちろん、
飲み合わせを工夫する事でその食感や繊細な味をより楽しむことができる。

今回のキャンペーンは、高橋社長の「熊本県の農水産業を応援しその発展に貢献したい」という
長年の強い想いから、熊本県の「あか」の食材とのコラボが実現したもの。自然豊かな地が育てた
熊本の「あか」と本格米焼酎「しろ」の組合せを通じ、食を楽しむ力「味わい力」を熊本から全国へ
広げる活動を実施していく。

【発信元】
高橋酒造株式会社
公式サイト:http://www.hakutake.co.jp/

関連記事