軍艦島デジタルミュージアム(長崎市)に、新コンテンツ『Amazing Hashima』が完成

26

軍艦島デジタルミュージアム
軍艦島デジタルミュージアム

軍艦島デジタルミュージアムに、新たなコンテンツ『Amazing Hashima』が完成した。
本館は、明治日本の産業革命遺産として2015年7月に世界文化遺産に登録された
端島炭鉱(通称:軍艦島)への上陸を、最新のデジタル技術を用いて疑似体験できる
デジタルミュージアム。

今に残る『廃墟の島』ではなく、活気あふれる往時の軍艦島の文化や雰囲気、
人々のリアルな暮らしぶり、海底炭鉱の知られざる姿など古き良き時代の
日本のノスタルジーを再現している。

新たに追加されたコンテンツ『Amazing Hashima』は、横幅30メートルの圧巻な映像で
表現するプロジェクションマッピングショー。軍艦島の発見から始まり、
良質な石炭採掘による島の繁栄、石炭の時代の終焉とともに訪れる閉山や、
日本の近代化を支えたとも言える島など、軍艦島を中心とした日本産業革命の
ストーリーを幻想的な映像と音楽で描き、CGを駆使した最先端なエンターテイメント
映像コンテンツになっている。

【施設概要】
名称 :軍艦島デジタルミュージアム
時間 :9:00〜18:00(最終入館17:30) 不定休
料金 :一般1,800円/中学生・高校生1,500円/小学生800円/幼児(3〜6歳)500円/3歳未満無料
場所 :〒850-0921 長崎県長崎市松が枝町5-6

軍艦島ミュージアム
公式サイト:http://gdm.nagasaki.jp/

関連記事