人気ガイドブックと鉄道会社がコラボレーション 『ことりっぷ御朱印帳(ことりっぷ高野山付き)』を発売

241

ことりっぷ御朱印帳(ことりっぷ高野山付き)

昭文社は、今春執り行われる高野山開創1,200年記念大法会にあわせて、
南海電気鉄道と、人気ガイドブックシリーズ『ことりっぷ』がコラボした
『ことりっぷ御朱印帳』を発売する。

御朱印は、寺院や神社において参拝者がもらう印や墨書のことで、
参拝し写経を納めた際にもらえる印だったので『納経印』とも呼ばれる。
近年では『御朱印ガール』という言葉も生まれ話題になっている。

今回の商品は、御朱印を美しく残せる奉書紙を使用、表紙には高野山の
壇上伽藍をイメージした鮮やかな朱色に蓮の花をあしらっている。
手軽に持ち運べるようA5変型のコンパクトサイズとなっている。

また付録には、オリジナルガイド小冊子『ことりっぷ高野山』が同梱されている。

【商品概要】
書籍名:ことりっぷ御朱印帳(ことりっぷ高野山付き)
体裁 :縦180×横148mm(A5変型)/最大48個の印を集めることができる

発売 :2015年3月1日
価格 :1,800円(税込み)
発行 :昭文社

株式会社昭文社
公式サイト:http://www.mapple.co.jp/

関連記事