車に固定できるジュニアシート『takata312-ifix junior』発売

51

takata

シートベルト、エアバッグ、チャイルドシートなどの自動車用安全システムを提供する専門メーカー、
タカタ株式会社が、車に直接固定ができ側面衝突と子どもの成長に対応したハイスペックジュニアシート
『takata312-ifix junior』を全国で発売。

『takata312-ifix junior』は3歳~12歳頃(体重15~36kg)まで使えるジュニアシート。
頭部、肩部、腰部を保護するサイドガードを設け、直接乗員に衝撃が伝わる危険性の高い側面衝突に
対応した商品で、最大の特徴は車のISOバーに直接固定ができることで、直接車に固定ができるジュニアシートは、日本初(※A)。

これまでのジュニアシートは、車の座席に置いて、ジュニアシートと子どもをシートベルトで拘束して
いたので、子どもが座っていないときには座席からすべり落ちたり、子どもがシートに座っている時でも、
ぐらつくことがあったが、このジュニアシートは、シートに内蔵されたコネクター(※B)を車のISOバーに
接続して固定しますので、シートがぐらつくことがありません。子どもが快適に乗車できる事で、
37.2%(※C)と低迷しているジュニアシートの使用率向上にも寄与できると考えている。                                        

【商品特徴】
新発想!しっかり固定できるジュニアシート
車のISOバーにしっかり固定。シートのぐらつきがないので、子どもも快適に乗車できます。子どもを乗せていないときでもシートが動くことがなく安心です。
固定が完了するとインジケータの色が赤から緑に変わります。

【商品概要】
商品名   :takata312-ifix junior (タカタサンイチニ アイフィックス ジュニア)
参考対象年齢:3~12歳ごろ
適応範囲  :体重15~36kgまで
サイズ   :W450×D480×H690mm
収納時   :W480×D770×H250mm
重量    :6.6kg
カラー   :ブラック・レッドとネイビー・ブルー

販売元   :タカタ株式会社
公式サイト :http://www.takata.com/childseat

※A 2013年4月現在 タカタ調べ
※B コネクターを収納すれば、ISOバー装備がない座席でも使えます。                  
※C 昨年の警察庁とJAFの全国調査による

関連記事