2012年度クラシアン技術コンテスト開催

343

「クラシアンの技術力向上と、上級者となる」目標をめざし、知識・技術力を競い合う
クラシアン技術コンテストが行われました。その模様をお届け。クラシアンNo.1は誰?

集合写真全員


●品質の筆記試験
試験は実技だけではありません。日頃どれだけの知識を習得しているかを確かめる意味も含め、
筆記試験が行われます。出題内容は詳しくお伝えできませんが・・・。1問だけ。

【問題】給水栓において、遊離残留塩素は(0.05mg ・ 0.075mg ・ 0.1mg)以上保持しなくてはならない。
(カッコ内の3つのうちひとつが正解。答えは・・・一番下。)


●作業前の段取り
実地試験には様々なチェック項目があります。これらを総合的に評価をして順位が決まります。
まずは、作業前の段取りからスタート。作業には時間制限があるので、
ここでいかに順序を組み立てるかが鍵になります。


●工具の取り扱い方
使用する道具は人様々。コンテスト内では共通したものを使いますが、道具への思い入れもそれぞれ。
どれだけ愛着を持って大切に使っているか、作業しているかが試されます。


●鋼管のネジキリ作業
作業するにあたり重要な項目のひとつ。危険物を取り扱うので慎重さが求められます。
慎重に・・・丁寧に・・・とても緊張感があります。


●銅管の接続作業
こちらは火を使う作業。物に引火しないよう特に要注意。そして丁寧に扱わないと、
接続部分から水もれの原因になってしまうのです。丁寧さと集中力がポイントです。


●模型の組み上げ
そして最後の工程。この組み上げによって、その後の水もれが起きないか、
故障の原因にならないかが決まります。接続部分がしっかりしているか、
ゆがみがないかなど細かくチェックされます。


●漏水テスト
出来上がったものは、しっかりとした作品になっているか漏れのチェックがあります。
ここで失格になる人もひらほら。最後の難関です。

受賞者
●受賞者の皆さん。喜びの声をいただきましたので、ご紹介します。
第1位 東海エリア 粕谷さん
 優勝しちゃいました。びっくりです。決められた時間内での作業で、
 普段味わえない緊張感でいい経験になりました。
第2位 関東エリア 高山さん
 小学校以来、久しぶりに賞をいただき感動しております。大変ありがとうございました。
第3位 関東エリア 大河原さん
 まさか受賞できると思っていなかったので、大変ビックリしました。
 これからも技術力を向上できるよう頑張って、次は第1位になりたいです。ありがとうございました。
第4位 九州エリア 坂本さん
 現場の空気にかなり緊張しました。コンテストに呼んでいただきありがとうございます。
 これからもまだまだ技術を磨いていkたいと思います。
第5位 中四国エリア 西さん
 今回2回目でしたので、緊張はあまりありませんでしたが、
 賞をいただけるとは思っていなかったのでとても嬉しいです。ありがとうございました。

【問題の答えは 0.1mg】でした。

関連記事